キャッシングで融資を受ける前にチェックしておくべき事

家計のやりくりに行き詰まった時や、急な出費が発生した時は、キャッシング会社から融資を受けるという方法があります。そのためお金に困ったら、キャッシングで融資して貰えば良いと安易に考える人も少なくないようです。とはいえ、金融会社の融資はキャッシングの審査に通ったことが前提になりますので、審査で落ちたら他の融資先を探す必要があります。どのような審査をしているかは公開されていませんが、収入の少ない人や、安定していない人は審査で不利になります。一定の給与はもらっているという場合でも、勤続年数が1年未満の場合は、まだ収入が不安定な状態にあると判断されるようです。また勤め始めて数ヶ月という人は、安定した状況にあるとは判断されず、審査では不利と見なされます。キャッシングの審査で断られてしまう背景には、他の金融会社からの借入が多すぎるという場合もあります。借入先が多いかどうかの基準は貸金業者によるので一概には言えませんが、借入件数が多い人は多重債務者と見なされて審査で落とされる可能性が高くなります。この他、他の金融会社から大口の融資を受けている人は、新しいキャッシングが受けにくくなります。年収の1/3を越える金額を借りてはいけないという決まりもありますので、総量規制の適用範囲にある金融サービスの借り入れ上限額は、頑張って越えられるものではありません。金融会社が審査によってマイナスと見なす要素としては、借りたお金を長期間延滞したことがあるかどうかになります。信用情報会社に、これまでのキャッシングの利用履歴が一定期間残りますので、残っているうちは審査も通りにくいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です